全件表示TopRSSAdmin
information

    『豆腐小僧』 概要
        2012年9月末日をもちまして閉店させていただきました。 永のご愛顧ありがとうございました。     



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
時は来る
2013 / 01 / 10 ( Thu )
84032m.jpg

今日は学校帰りに花巻のサロンへ行って、先生とミーティング。
一番やりたい仕事なのに、どうにもふみきれない亀。

人に会うのが怖くなっている。
人の評価が怖い。
それから、どうしてこの人こうなんだろう、
私の意見と合わないわ、とかって思う自分の傲慢さ、

そんなもんが年末からずっとごちゃごちゃしてて
すっきりしない毎日。

また新しく一から始めることの不安。
確実な収入を得るために出来なくなる活動の言い訳。

そんな、話を先生や支店スタッフと話していて
久しぶりに、思い出したことがあった。

砂上の楼閣、いや、掘立小屋だったかもしれないけれど、
亀は、「豆腐小僧」を経営していくことに必死だった。
毎日、どうやったら人を呼べるんだろうとか、楽しんでもらえるだろうとか
不安はいっぱいあったけれど、それでも行動するのが苦痛じゃなかった。
楽しんでやれる余裕は一つもなかったが。

でも、そうやって、必死だったり、苦肉の策ばっかりだったりした
あの店も、少なからずファンはいた。

飲み屋の経験も無いくせに、経営もしたことないくせにはじめた店。
頑張るしかなかった、必死に動くしかなかった。

今日先生と人間関係やら、今後の事やら話していて
久しぶりに、開店当時の自分の必死な様子思い出した。

順調な経営と言う結果は出せなかったが、
一生懸命、行動するっていうのは、一つ学んでいた。

忘れてたな
って、思った。

亀に一番足りないのは、行動力だと思う。
行動はできるが、行動を持続するのが苦手だ。

頑張る場所は、「豆腐小僧」から、別の仕事にスイッチしてしまう。
でも、亀は何も変わらない。
どこでも、同じように頑張ればいいんだ・・・・
一つ経験値は上がったんもの。

こうしたら、楽しいかもしれない、
ああしたら、喜んでもらえるかもしれない

出来ることだけ、やりたいことだけ考えていけば良いんだ。

店を閉めたことは、自分の意思だったが
正直、かなり凹んでました。

全うできなかったこと、自分のスタンスを、モチベーションを保ち続けれなかった事

悔しいなぁ。ちっぽけだなぁ。
って思うことが多くて、未来より過去ばかり振り返って落ち込むw


中々そういうところは変えられませんね。
でも、今日みたいにこの道30年と言う大先輩に教えてもらえて
はっと気づいた時の嬉しさと言ったら!!!!

何を、卑屈になっていたんだろう。。。
なんで、自分の良さ見失っていたんだろう。。。。

「豆腐小僧」は閉めちゃったけれど、あの店で亀がやりたかったことは
多分どこでも出来るはず・・・・

亀が忘れなければ。

やっぱり、人生の大先輩の言葉は重さが違いますね。
同じことを、次期社長(若干30歳)に言われたとしたら
亀は素直に受け取ることが出来ただろうか・・・・

自分の中の傲慢さに気づかされますww
同じく苦言を呈されるなら、年上の方に言われたいw

こういうところ、ちいせぇなぁ、亀って思うんだけどねw

そんなところも含めて、今年は人との距離感を
気持ちいいものに保ちながら、楽しい事進めて行きたいもんです。

良かった、気が付かせてもらえて。
先生、ありがとう

御蔭で、久しぶりに元気です。
現金なもんで、そうなると俄然お手入れしてあげたくなっちゃうw


だれか、亀に顔貸しておくれーーーーーっ!!!





スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 51 : 56 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<ふむふむ | ホーム | 眼鏡女子>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://tofukozokame.blog.fc2.com/tb.php/283-30037dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。